Rubber Band King of Lopatcong Short Story

The Rubber Band King of Lopatcong

It’s 1979. The kids on the corner of Bradford & Canterbury can’t wait to see Jimmy the mailman everyday, and their joy is all the happiness he’s seen in months. A very short story about those moments in life we’re often too busy too notice.

Read now!

Rubber Band King of Lopatcong Short Story

ロパッコングの輪ゴムおじさん

1979年。ニュージャージー州フィルップスバーグ市のブラッドフォードとカンタバリー通りが交差する一角。そこには郵便のおじさん・ジミーが毎日郵便を届けに来るのを楽しみにしている子どもたちがいる。子どもたちの無垢な喜びは、ここ何ヶ月間でジミーがようやく味わえた幸せとなる。多忙な毎日に紛れて見落としてしまいがちな大切なひとときを掬いあげた掌編。

物語を読む