ロパッコングの輪ゴムおじさん | Rubber Band King of Lopatcong Japanese Cover

ロパッコングの輪ゴムおじさん

 

 

© All rights reserved. No part of this publication may be reproduced, stored in a retrieval system or transmitted in any form or by any means, electronic, mechanical, photocopying, recording or otherwise, without prior permission of Maplopo.

 

(試訳)

ジェームズ・グラントは今年53歳になった。彼の赤毛の妻マーガレットは4ヶ月と22日前に彼のもとを去った。癌だった。膵臓というのは興味深い臓器だ。その役割を本当に知るのは、自分自身、もしくは自分の愛する人がそれによって死に追いやられるときのように思える。そして、その短期間で、学ぶことの多さといったら。

ジェームスの郵便局での仕事は心地よいものだ。彼の任されている比較的短めのルートは街が大きくなるとともに拡大している。近頃は心待ちにするようなことはあまりない。しかしニューヨーク・ヤンキースはなかなかよくやってるしサーマン・マンソンはヤンキースのキャプテンとして実にチームをうまくまとめて、引っ張っていっている。マネージャーのビリー・マーチンは彼がいるべきところにもどってきた。今夜7対2でヤンキースの勝ち。同じニューヨークのメッツに関してはただただ悲惨である。

「おはよう、ジミー」

「やあ、フランク」

「ヤンキースはどうだい?見たか?五回でマンソンが当てたあのものすげえヒット?すんげえよな。そんでレジー。あいつは向かう敵なしってとこだ。昨晩の試合ではシカゴ・ホワイトソックスはヤンキースにかなったもんじゃねーさ」

「そのとおりだ」

「今月のヤンキースの調子のよさといったら信じられねーよ。去年のあのバカすごさには及ばねーけど、でもよ—— 」

「ぜんぶマンソンのおかげだ。マンソンがチームをうまくまとめてるのさ。ワールドシリーズで勝利に導いたのもすげーが、チームをまとめメンバーの士気を高めてくのはもっと大変な仕事だよ。まったくもってピカイチのキャプテンだ」

「間違いねぇ。ああそういや、ピーバーグ(フィルップスバーグのこと)のお前さんの受持ち経路はどうだい?あそこらでは家がぽんぽん建ち始めているじゃねぇか。そのうち学校も建つって話だしよ。ニュージャージーからやって来る連中で確実にこの地域は勢いづいてるな」

「ああ、そうだ」

「それがいいのか悪いのか分かんねーが……」

「でも子どもたちはいいもんだな」

「あの、マクギー農家近くの子どもたちのことか?」

「ああ、あの子たちはいつでも駆け回って遊んでいるよ。自転車(Big Wheels社のプラスチック製子供向け自転車)で走ったり庭々でサッカーをしたり。新しいタイプの活気が見られるのはなんかいいことだよ。ここ11年間俺たちにとってずっと同じだったこの町の光景とまったく違ってさ」

★とりあえずここまで★

原著を読みたい方は↓

Read the full version of “The Rubber Band King of Lopatcong” in English.

 

 

To further support our work, and purchase stories in paperback or Kindle form, please visit Amazon.com